一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


イシンホームさんでは、網戸は全部の窓につけてくれます。きらきら

普通の窓も、縦長の窓も、横長の窓も、小窓も・・・



今の網戸って先進的なんですねえ。

横長の窓、縦長の窓、小窓は網戸が室内についてるんです。

だから外の雨風やほこりで汚れることがありません!手



例えば、縦長の窓の場合・・・

まず窓を開ける。

窓の際についてるヒモをクルクル回す。

網戸がスーッと上から降りてくる。ゆう★

という具合です。



写真ではわかりづらいでしょうが、2枚見比べてみてください。

網戸してない状態↓




網戸した状態↓





20年前の網戸しか知らない私にとって、この網戸も驚きです!

日本の住宅は進化してます!!!ゆう★









 


「これはいい!」ゆう★

そう何度も思うのは、大きな窓(1間半)につけた「サポートハンドル」です。



我が家は、なるべく窓をつけないように設計しました。

窓から入ってくるもの・・・「熱」「音」を室内に入れないようにするためです。

でも1階リビングは、二つの窓を一つ削って、その分一つの窓を大きくしました。

それがこの窓です。↓




ただし、この窓は大きいので、開け閉めのとき「重い!」ゆう★ って感じるんです。

そこでつけてもらったのが「サポートハンドル」です。

窓が閉まっている状態。↓




窓を開けた状態。↓





テコの原理で軽〜い力で窓を開けることができます。ゆう★

これはYKKAPさんの品川ショールームに行ったときに発見ました。きらきら

感動して「絶対つけようね!」onpu03 と古女房と話し合った一品でした。



現場を知り尽くした現場監督Hさんも、

「これいいですよねえ!」

と絶賛してくれました。

現場のことは<何でも知ってる>Hさんが言うんですから、サポートハンドルが「いい商品」であることは間違いありません。手






 


今日は現場で外構の打合せ・・・。

私達が着いたら、すでに「現場を知り尽くした現場監督Hさん」が待っていました。



雨だったので、室内に入ってシャッターを開けて明るくしました。

さらに窓を開けて「ここはこうして、あそこはああして・・・」

と、ひととおり話が済んで窓を閉めました。



古女房「あ、静かになった!」

さぶろう「あ、ホントだ!雨の音がしない!」聞き耳を立てる

現場を知り尽くした現場監督Hさん「うん、静かですよね。この窓、いい窓だから・・・。」



どこかのサイトで、

「近くの家に、夜、救急車が来たのを知らなかった。窓を全部閉めて寝たから・・・。」

という投稿があったことを思い出しました。



最近の窓はすごいですねえ。

これじゃ台風が来ても雷、犬が鳴いても犬、分からないかも・・・



我が家の窓は、YKKAPさんの「APW330」という商品です。



イシンホームさんでは標準でこの窓がつきます。



外構のことを書こうと思ったら、窓の話になってしまいました。





















 


今日は「現場を知り尽くした現場監督Hさん」と現場で打合せでした。



クロスの柄、電柱、パワコン、外構、エコアイ換気、上下水などなど・・・。

話し出せばいろいろ話題はあるもので、いろんな話をしました。



さて、今日の写真は、シャッターする前とした後の比較写真です。

我が家は、1階の南側の窓にはシャッターを付けました。

電動か手動か、さんざん迷ったんですが、結局電動にしました。



そのいきさつは・・・

「熱血営業マンOさん」の「シャッターは電動のほうがいいですよ、長い目で見て。」という一言でほぼ決定。

その後、品川のYKKAPのショールームに行って電動シャッターを使ってみて完璧に決定。

というわけです。



シャッターする前↓




シャッターした後↓










 


今日から大工さんはお盆休みだそうです。

今まで暑い中、汗だくになって仕事してくれた大工さん、どうぞゆっくり休んで下さい。(^^)



というわけで、しばらくの間、ブログの写真は以前に撮ったものになります。



リビングの窓は大きな窓です。↓



普通の窓は一間サイズですが、この窓は1間半のサイズです。

値段は高かったのですが、隣の窓を一つ削ってこの窓にしました。



すごい迫力のある窓です!

この窓は取付け工事も大変だそうです。

なぜかというと、とっても重いから!

ずっと前、大工さんに言われました。

「この窓、外さないほうがいいですよ。重くて支えられないから・・・。倒れて窓ガラス割れちゃいますから。」

さぶろう「はい!外しません、絶対に!」(・_・;) Docomo_kao20



この窓には「サポートハンドル」を付けてもらいました。



YKKAPさんの品川ショールームで「おお、これいい!!!」と古女房と顔を見合わせて気に入った部品です。

「大きい窓」ってことはですね、窓を開け閉めするとき「重い!」って感じるってことなんですね。

でもこの「サポートハンドル」をつけると・・・

「軽ーい!、カルーイ!、かるーい!」(^^)/ 手

テコの原理で、力を入れなくても窓が開けられるんです!

いろんな商品がありますよね!

とにかく、展示場、ショールムは行ってみるもんです。













 


予算オーバーのため「どうやったら節約できるか」を考えてます。



その一つは、「バルコニーを節約する」こと。

イシンホーム標準のバルコニーは、かっこいい細いストライプの手すりです。

でもカタログみるといろんな種類があるんですね。

定価も出ていてたので、見比べていました。

すると、格子の種類によって値段が全然違うことが分かりました。

横格子が一番安く、台形格子が一番高いんです。



そのあと写真をみてみると

「横格子も悪くないんじゃないかな」

と思いました。

これがカタログです↓



ウチは南側に隣家が接近してますので、バルコニーには隙間がないほうがいいんです。



そして計算してみると、我が家の場合・・・

イシン標準の横ストライプだと192万円します。

横格子だと160万8000円です。

その差、31万2千円!

おお!結構大きい節約になりますね!



この計算は定価ですので、イシンホームさんがYKKAPさんから実際にいくらで仕入れるのか分かりません。

でも大きな節約になることは間違いなさそうです。





 


YKKAPさんのショールームへ行った感想を一言、と問われれば・・・・

「きれいで広かった!」と答えるでしょう。



品川という一等地にショールームを構えるからには、小さなスペースでも維持費がそれなりにかかはずです。

それがですね、広〜いんですよ。

「維持費いくらかかってるんだ?」って心配になるぐらいに。(笑)



担当してくれたHさんは初めに「1時間半ぐらいで終わると思います。」

とおっしゃってましたが、私たちは1時から5時過ぎまで4時間も歩き回りました。(笑)

何でも納得するまで聞くタチの私と、優柔不断な古女房に当たって、Hさんはやりにくい1日だったことでしょう。(Hさん5時過ぎまでお疲れさまでした。)



とにかくいろんな商材を扱っていて、それぞれの種類が多数展示されているので、もう目が回るくらいでした。

私はYKKさんは「窓屋さん」だと思っていたのですが、家に関するものはほとんど取り揃えているんですね。

ベランダ




間仕切り(これ良かったです!)




ポストまで展示してありました。






一戸建てを計画中の人にとっては、遊園地のように楽しい世界ですよ!

このショールームには誰でも入れるそうですので、興味がある方は是非行ってみてください。

実際、会社帰りにふらっと立ち寄る人も多いそうです。



で、窓と玄関ドア選びはどうなったかと言いますと・・・

Hさんの豊富な知識と鋭い感性のおかげで、ベストな選択ができたと思ってます。

特に玄関ドアを選ぶときには迷いがありましたが、Hさんのナイスなアドバイスなおかげで、私たちにとって理想的なドアを選ぶことができました。

Hさん、本当にありがとうございました!









 


「イシンホームさんは、いい窓をお使いですよね!」

YKKAPの女性社員Hさんは、初めにそう言いました。



「弊社のAPW330という商品は断熱性に優れていて、しかもデザインもいい窓です。」

続けてそう言って、こんなコーナーに立ち寄ってくれました↓↓↓




3種類の窓ガラスがあって、下から熱が当たっています。

それぞれの窓に手を当てて温度を体感することができます。

私と古女房も手を当ててみました。



一番右の「単板ガラス」は熱いです。

中央の「複層ガラス」はあったかいです。

左の「Low-E複層ガラス」は熱を感じません。

「熱を大幅にカットできるのがLow-E複層ガラスの特徴」

ということは本では読んでましたが、実際に体験することでその差がよ〜く分かりました。



さぶろう「これだけ違うと、光熱費もだいぶ違ってくるね。」

古女房「そうね、冷房も暖房も今の半分ぐらいになればいいな。」



家に帰ってAPW330のカタログを見ると、東京でふつうの窓の家とLow-E複層ガラスの家を比べると、年間1万1千円ぐらい冷暖房費が違うそうです。

これを大きいとみるか、小さいとみるかは、人それぞれですが・・・

30年で33万円違うんですね。

しかも窓って、一度取付けると取り替えることは滅多にないですよね。

その上、快適さをずっと享受できるとなると・・

「このLow-E複層ガラスは値打ちあるなあ。」

と思うのです。



色がまたきれいなんですよね。

薄いクリアブルーの色に見えるんです、光の加減によって。

それがまた「いい感じ」なんです。



イシンホームさんで家を建てると、家じゅうの窓をこのAPW330(Low-E複層ガラス)にできます。

これは嬉しいですよね。



つづく





 




今日は、急遽仕事が休みになりました。

私は日曜日に休んだことは、ここ10年で1回か2回しかありません。

それぐらい貴重な休みをどう過ごすかが、おとといからの課題でした。

ふと思い浮かんだのが、「YKKAPショールームへ行くこと」でした。

以前から営業のYさんから

「図面が固まったらYKKAPさんのショールームへ行って、窓と玄関を決めていただくことになりますので・・・」

と言われていたんです。



今までの体験からすると、住宅関連の展示場って決まって水曜日が休みなんですよね。

トクラスさんも、ウッドワンさんも水曜日が定休日でした。

YKKさんもそうかなあと思ってネットで調べたら、やっぱり!



それなら「今度の日曜日に行ってみよう!」と思って、2日前にYさんに予約してもらいました。

新宿よりも品川のほうが種類が豊富だということで、品川行きが決定しました。



今日は朝からいい天気、古女房とデート気分でいざ品川へ!

品川駅から歩いて5分ぐらいのところにYKKAPショールームはありました。



行ってあいさつすると、

女性社員の方が一人ついてくれて、順番に案内してくれました。

Yさんが我が家の図面をFAXしておいてくれたので、図面を見ながら

「ここはこれぐらいの高さがいいと思います。」

「このたてすべり窓は、こちら向きにしたほうが風がスムーズに流れます。」

「この窓は引き違い窓より、上げ下げ窓のほうがいいと思います。」

などなど・・・

それはそれは貴重なアドバイスをた〜くさんいただきました。

やっぱりプロの見識は違いますねえ。



つづく















 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

今日もご覧いただきありがとうございます!クリックしてくれると嬉しいです↓

こちらもワンクリックしてくれると嬉しいです↓↓↓

Archive

Recommend

間取りの方程式
間取りの方程式 (JUGEMレビュー »)
飯塚 豊
プロの視点が図入りで分かりやすく学べます。おすすめ!

Recommend

3Dマイホームデザイナー12
3Dマイホームデザイナー12 (JUGEMレビュー »)

ほんとにおすすめです。
立体的に見えるのでイメージがわきやすい!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM