一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


今日、昼間は動きましたよ〜。

仕事が休みだったので、家で照明器具の取付けと机の組み立てをやりました!




午前中、現場を知り尽くした現場監督Hさんが来てくれて、最後の点検と作業ををしてくれたんです。

その間私は・・・

下駄箱の固定

キッチンの照明取付け




リビングの照明取付け




2階でパソコンデスクの組み立て

をやってました。




作業中・・・

さぶろう「なんだか暑いですねえ。」泣き

現場を知り尽くした現場監督Hさん「うん、暑いよねえ・・・(笑)、汗出てきたよ。」

さぶろう「床暖房ってこんなに暑いんですねえ。」!!!

現場を知り尽くした現場監督Hさん「昼間動いてると暑いぐらいだよね。朝晩はちょうどいいんじゃない。」




というわけで、床暖房の温度設定を弱くしようとしました。

すると・・・「ピピピ・・・」というエラー音。

さぶろう「あれ、36度より下がらないんですね。」

下矢印を押しても、画面が「36」で止まったままです。

そのことに今日気づきました。Docomo_kao8




今日みたいな天気のいい日は、昼間半袖半ズボンでもいいようです。ゆう★

床暖房の威力を思い知った日となりました。





作業が終わった後は、現場を知り尽くした現場監督Hさんと近くのうどん屋さんで食事。顔

いやあ、今日はとても充実感のある一日でした!手






 


今日夕方現場に行ったら、床暖房の工事が完了してました。

2階のパネル設置、温水パイプの配管、など全部終わっていました。

2階はこんな感じです。↓






4系統でスイッチの切り替えができるようになっています。

3つの部屋+廊下トイレの4つです。

1階の壁から、このように4本の温水パイプが2階に向かって伸びています。↓




昨日は床暖房屋さんは床下に潜って作業していました。

床下って狭いんですが、頭にヘッドライトつけて、つなぎの服着てやってました。



さぶろう「この中せまいでしょう。」

床暖房屋さん「いや、ここは広くて作業しやすいほうですよ。」

さぶろう「えっ、これで広いんですか!?」

床下はこんな感じです。↓




この中に潜って温水パイプを設置してくれました。

いやはや、ご苦労さまです!

毎年床暖房のスイッチを入れるたびに、床暖房屋さんの活躍を思い出すことになるでしょう。








 


さあ、いよいよ床暖房の出番です。

今日現場に行ったら、床暖房パネルの設置工事が進んでいました。




きれいな銀色のパネルに、黒いテープがシマシマに貼ってありました。

この黒いテープの下に、温水パイプが埋め込んであります。

温水パイプは内径7ミリだそうです。




2階は、まだ温水パイプが埋め込んでない状態なので、一面銀色の床暖房パネルが床に設置してありました。





「これが憧れの床暖房かあ・・・」

寒い時期に住宅展示場に通った日のことを、しみじみと思い出しました。














 


長府製作所さんはすでに見積もりも持ってきていました。

いろんな部品名と数量が細かく書いてあります。

最後に合計金額が書いてありました。

それを見て驚きました。

安い!

「材料費だけで約200万円」となっていました。

ウチの床暖房設置は1階と2階合わせて93平米ぐらいです。



その時点で「長府さんにしよう!」と心に決めました。

さぶろう「安いですねえ。」

長府さん「そうですか、ウチはこれぐらいですよ。」



でも実を言うと、富士環境システムさんの見積もりは高いんです。

それは分かっていました。

私が今まで見積もりを出してもらった数社の中で、一番高いのが富士環境システムさんだったんです。

(ちなみに一番安いのが東京ガスさんでした。)



長府製作所さんと富士環境システムさんの見積もり金額を比べると・・・

工事費合わせて、100万円以上の差で長府さんのほうが安くなりました。

それに・・・

イシンホームさんは、エコキュートはサンデン製か長府製作所製ということでした。

ウチは2世帯住宅なので、2台エコキュートを入れます。

エコキュートも長府製作所さんにすると、スケールメリットが効いてもう少し安くなりそうとのこと。

それに長府さんはアフターサービスがいいという話もありました。



床暖房はさんざん迷いましたが、土壇場になって長府製作所さんにお願いすることになりました。

この件ではカクダイ建築さんの営業マンYさんの力が大きいです。

Yさん、いつもありがとうございます!




 


昨日の続きです。



ウチの床暖房を富士環境システムさんにしようと思った理由の4番目

「三菱電機製の熱源機を使っていたから」

これについては解説が必要でしょう。



以前、富士環境システムさんと電話でお話ししているときのことです。

さぶろう「御社は熱源機が三菱電機さんのエコヌクールですが、その理由はなにかありますか?」

富士環境システムさん「三菱電機さんの熱源機が一番性能がいいからです。」

さぶろう「そうなんですか。空調の最大手ダイキンさんの熱源機と比べても三菱電機さんのほうがいいんですか?」

富士環境システムさん「はい、そうです。三菱電機さんのエコヌクールは北海道で開発されたものでして、他社さんよりも能力が高いんですよ。」

さぶろう「そうだったんですか。」

というわけで「床暖房の熱源機は三菱電機製にしよう」と決めていたのでした。

(解説ここまで)



先日の長府製作所さんとの打合せでの話

さぶろう「ネットで見たので確かな情報ではないんですが、一条工務店の床暖房は長府さんのですか?」

長府さん「あ、よく御存じですね。」

さぶろう「やっぱりそうだったんですか!」

長府さん「一条さんの床暖房の熱源機は全部ウチが取り扱ってます。でも床暖房のパネルのほうは一条さんの自社開発のものを使っています。」

さぶろう「へ〜、一条さんの熱源機は全部長府さんのだったんですか!」



私がウチに床暖房を入れようと思ったのは、一条工務店さんの展示場に行ったからでした。

(それについては以前このブログで書いたことがあります。)

「あの一条工務店さんの床暖房の熱源が長府さんのなら・・・」



ここで一気に私の思いは長府さんに傾きました。

残るは・・・値段だけです。



つづく







 


床暖房をなぜ富士環境システムさんにしようと思ったかと言うと・・・

1、山梨まで見学に行ったから(笑)

2、温水を流すパイプに銅管を使っていたから

3、部屋の隅々まで入れられるから

4、三菱電機製の熱源機を使っていたから



というのが主な理由でした。

2、の銅管について長府さんに聞いてみました。



さぶろう「架橋ポリエチレン管より銅管のほうが耐久性があると聞いたことがあるんですが。」

長府さん「銅管も耐久性はあるでしょうが、架橋ポリも耐久性は十分ありますよ。架橋ポリは70年は持つと言われています。」

さぶろう「架橋ポリは折れたり、割れたりすることはないんですか?」

長府さん「架橋ポリは折れることは有り得ません。銅管はピンホールと言って古くなると小さな穴があく恐れがあります。」

さぶろう「最新の床暖房はどっちを使っていますか?」

長府さん「それは架橋ポリのほうです。最近では雪を解かすため道路の下に温水を通すところがあるんですが、それは架橋ポリを使っていますね。水道管なども昔はみんな銅管を使っていましたが、最近では架橋ポリを使いますよね。」



「あれ、銅管の欠点を補ったのが架橋ポリということなのかな?」



さぶろう「熱の伝導率は銅のほうがいいですよね。」

長府さん「それは銅のほうがいいです。でも熱源機の温度は自由に設定できますので、あまり気にするほどでもないと思いますよ。」



3、については図面を見れば一目瞭然でした。

長府さんも床暖房パネルを部屋の隅々まで入れてくれるそうです。



だんだん「長府さんにしようかなあ」という思いが強くなってきました。











 


先日カクダイ建築さんに行ったときのこと・・・

「さぶろうさん、床暖房、これどうですか?」

と手渡されたのが、長府製作所さんの床暖房のカタログでした。



ウチは富士環境システムさんの床暖房を入れる予定でした。

その打合せもだいたい済んだ頃に、長府製作所さんのカタログを初めて見ることになったのです。



今まで、いろんな床暖房メーカーさんに見積もりを出してもらいました。

東京ガスさん、ダイキンさん、三菱電機さん、リンナイさん、富士環境システムさん・・・・

でも長府製作所さんはノーマークでした。

「あ、長府さんもあったのか!」



いつも気が利くYさんが

「長府さんにも見積もり出してもらってますから・・・」

そんなわけで、我が家の床暖房は富士環境システムさんと長府製作所さんのどちらかにすることになりました。









 


昨日の続きです。



「イシンホームのお部屋を、実際に見学できてよかった!」

と本当に思います。

紹介してくださった、地元イシンホームの担当者様Y様、ありがとうございます!



やっぱり、

「実際に見てみる、体験してみる」

これに勝る説得力はありませんね。

イシンホーム水戸展示場に行かなかったら、我が家は、窓の大きさも、吹き抜けの広さも、床暖房も、違ったものになっていたはずです。



ん???

床暖房・・・

「このあったかさなら、床暖房必要ないかもね・・・。」

これが、この日の私たち夫婦の結論でした。

あれだけ床暖房のことを調べて、実際に行ってみて、何社かに電話もしたけど・・・

今まであった、床暖房への思い入れがこの日「ガラガラ」と崩れたのでした。



「床暖房入れずに、エアコンを1階と2階に一台ずつ入れるだけなら、だいぶお金も安く済むし・・。」

「足元もそんなに寒くなかったし・・・。」

帰りの車の中では、そんな話でもちきりでした。

完全に「床暖房いらないモード」になってしまった私たちでした。



↓和風で美しい、イシンホーム水戸展示場「四季-ZEN」



↓夜の顔も、またいい感じです。









 


昨日の続きです。

富士環境システムさんの床暖房の名称は「うらら」

その名の通り、春うららかな温暖なイメージが沸く商品です。

その「うらら」の見本が置いてありましたので、写真を撮ってきました。



富士環境システムさんのホームページを見ると分かりますが、「うらら」には3種類あります。

一つ目は表面が銅で覆われたタイプ「うらら」。

二つ目は表面がアルミで覆われたタイプ「うららAL」。

三つ目は、剛床工法やリフォーム向きの厚さ12ミリのタイプ「うらら掘廚任后

いずれも温水パイプには銅管を使用しており、これが一つの「売り」のようです。



これは2つ目のアルミで覆われたタイプ「うららAL」です。



銅管の内径が15.88ミリあり、温水を多量に流すことができることがメリットだそうです。

確かに他社さんの温水パイプは、5ミリ〜10ミリ程度のものが多いようですね。



次に「うらら掘廚呂海舛蕁



こちらの銅管は内径9.5ミリだそうです。

一本ものの銅管を使用しているので、温水の漏れは有り得ないということです。

それと、この「うらら掘廚魯僖ぅ廚15センチピッチで入っており、効率よく床を温めることができるそうです。
(「うらら」「うららAL」は30センチピッチ)



ご丁寧に説明してくださった、富士環境システムのS様、ありがとうございました!



帰りの車の中で、古女房と

「行ってよかったね。ウチの床暖は「うらら」入れようか。」

と話しながら帰ってきました。








 


昨日の続きです。

床暖房を使うと、他の暖房設備がなくても、部屋全体的があったまることは昨日書いたとおりです。



さて、富士環境システムの方といろいろお話をしているうちに、身体全体がポカポカしてきました。

ふと気が付くと、部屋の隅に階段があり、2階に続いていました。

「2階も拝見できますか?」

私の希望を快く受け入れてくれた社員の方が、率先して2階を案内してくれました。



階段を一歩、2歩、3歩、と踏みしめると、

「あ、冷たい!」

すぐに足の裏にヒンヤリ感が伝わってきました。

「あ、この階段には床暖房は入ってないんですよ。(笑)」

社員の方の一言に、妙に納得しました。

(でも、そりゃそうですよね・・・「階段に床暖房」って聞いたことない。)



「あ、こんなに違うんですね!」

まったく足の裏の温かさが違います。

「ちょっと温度を測っていいですか?」

またまた取り出したる赤外線温度計。

そして写真をパチリ!

床暖房が入ってない階段の表面温度は、18度ぐらいでした。



2階は床暖房のスイッチを切ってあるということで、すこしヒンヤリしてました。



そして、1階に戻ってきて、また床の表面温度を測ってみると・・・やっぱり25度ぐらいでした。




その差、7度!

ちなみに、階段の材質と1階のフローリングの材質はまったく同じとのことでした。












 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

今日もご覧いただきありがとうございます!クリックしてくれると嬉しいです↓

こちらもワンクリックしてくれると嬉しいです↓↓↓

Archive

Recommend

間取りの方程式
間取りの方程式 (JUGEMレビュー »)
飯塚 豊
プロの視点が図入りで分かりやすく学べます。おすすめ!

Recommend

3Dマイホームデザイナー12
3Dマイホームデザイナー12 (JUGEMレビュー »)

ほんとにおすすめです。
立体的に見えるのでイメージがわきやすい!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM